出産祝いを贈ってくれた人へのお返し

出産祝いを贈ってくれた人へお返しとして出産内祝いを贈る際どんな物が相手に喜ばれるのか気になる人も多いでしょう。そこで消費できる物と残る物とで比較をしてみました。

出産内祝いを贈る際消費できるものと残るものを贈った時の比較

消費できるものの場合

お米や洗剤、お菓子のような消費しやすいものだと使いやすく好みで使用しない事がないので送られた側には嬉しい事が多いです。

残る物を贈った場合

置物やカップのような一見すると使いやすい物のように感じますが、送られた側の好みではない場合もあるので人によってあまり喜ばれない可能性もあります。ですが、タオルのようなものだと喜ばれる可能性が高いです。

出産内祝いは貰う側の事も考えよう

内祝い

出産内祝いは出産祝いを贈った人にお返しとして渡す品物です。出産内祝いとして何をお返しするかは貰った側が自由に決める事ができます。ですが出産内祝いを贈る時も貰う側を意識して送らないと相手に喜んでもらえません。折角贈るなら使ってもらえる品物を贈りたいですよね?品物の選び方としてあまり高価すぎる物は却って相手に迷惑が掛かるようです。逆に金額の低すぎる物を選択しても相手に不満が残るようです。なので貰った出産祝いの半分程の値段の品物を選択して送ると相手に喜ばれやすいです。品物ですが、できるだけタオルや日用品だと使いやすく残らないので出産祝いとしておすすめです。最近はカタログギフトや商品券を贈る人も増えています。好きな品物を自分で選んで手に入れたいという人におすすめです。

出産内祝いをネットを利用して購入できる

最近はカタログギフト以外にもネットでも出産内祝いを購入する事ができます。ネットで購入するメリットとしては、直接相手の住所に届ける形になるので相手の荷物になる心配がない事です。誰にどの位送りたいのかも指定できるので数が用意できないという心配がありません。また、ギフトのサンプルを受け付けている所もあるので、贈る前に商品を見てみたいという人はサンプルを取り寄せてどんな商品なのかを確認しておきましょう。内祝いの時に必要な熨斗もちゃんと付けてくれます。結婚内祝いは結婚祝い送った全ての人に贈る必要があります。なのでギフトをたくさん用意する必要があります。ネットでの注文だと購入した金額に応じて送料が無料になる所が多いので、送り先が多くて送料代を心配している人でも安心して利用しやすいです。